株式会社 丸本組は「空から見える、いい仕事。」を目指し 新しいふるさと創り 新しいまち造りに 挑戦しています。

株式会社丸本組

文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大
HOME企業情報社長挨拶

企業情報

社長挨拶

  株式会社丸本組は、1946年の創業以来、おかげさまで73周年を
迎えることができました。
これもひとえに取引先様、関係者各位の温かいご支援の賜物であると深く
感謝申し上げます。
創業当時は、終戦の動乱期で資機材に乏しい中、創業者山本義一が
「日本の復興と地域社会の礎を築く」という強い使命感を持ち、いち早く
宮城県知事より建設業の許可を受け宮城を切り開く県土整備事業に参画して
その一歩を踏み出しました。
その後、高度経済成長を背景にした国土整備事業に積極的に参画しながら
今日まで歩み続けてまいりました。
しかし、平成23年3月11日、世界的に例の少ない東日本大震災が発生
巨大地震、巨大津波が一瞬にして先人が築いためざましい発展を奪い去り
ました。
この地域が経験した未曾有の困難にひるむことなく、先人の知識と知恵を
生かしながら、「空から見えるいい仕事」という企業理念のもと元気な
故郷の復旧復興整備を通じて地域に貢献してまいります。
地域建設業に求められる役割が複雑化・多様化するなか、次の世代へ受け
継がれていく新しい価値の創造を目指して丸本組にできること、丸本組に
期待されることを着実に実現できるよう全社一丸となって波頭を切り拓き
挑戦し続けます。
今後80年、100年とさらに続く株式会社丸本組となりますよう引き続き
変わらぬご支援・ご愛顧をよろしくお願い申し上げます。